薬剤師転職事情のイマ

なぜ非公開求人が多いのか?薬剤師転職事情のイマ

現在、薬剤師転職事情は活発です。多くの企業が求人を募集し、様々な薬剤師が転職を行なっています。しかし、今までのようにハローワークや求人サイトを見ているだけでは十分な求人情報をチェック出来ないようになってきています。理由は非公開求人が増えてきたからです。

 

薬剤師転職

 

非公開求人はどのようにしてチェック出来るのでしょうか。実はそれほど難しくなく、薬剤師専門の転職エージェントに登録することによって閲覧することが出来ます。転職エージェントとは、人材紹介会社のことで、薬剤師と人を雇いたい会社とをマッチングさせる会社のこと。こういった会社にはインターネットなどには掲載されていない非公開求人をたくさん持っています。

 

なぜ転職エージェントが非公開求人を持っているのでしょうか。1つは転職における人材のミスマッチを防ぐ為です。今までの転職方法としては、企業が求人サイトに情報を掲載、それを薬剤師が見て応募するのがほとんどでした。しかし、企業側からすると求人サイトに情報を掲載するのにも費用がかかりますし、お金をかけて採用活動を行ったのに、求めていた人材と違う、ということが多々ありました。機会損失的に考えてもあまりよろしくない状況が続いていたのです。

 

そこで登場したのが転職エージェント。求人を非公開にし、しっかりと面談を行なった人を企業に紹介することによって、人材のミスマッチが減ったのです。しかも掲載料がかからず、就職が決定したときのみに支払う成功報酬型であることも企業に対して大きなメリットになりました。

 

薬剤師を始め、転職事情としては現在、非公開求人が多くなっています。背景としては企業側が無駄な費用を使いたくなかったからでしょう。このようにして転職市場では転職エージェントを活用した非公開求人が一般的になりました。もし、薬剤師として転職を考えているのであれば、非公開求人をキャッチする為にも転職エージェントを活用しましょう。